バイク一覧 SUZUKI GSX&GT 単車&暴走族関連記事

【GT380】当時物や初期型を装着!サンパチ愛に溢れたマニアな1台

2020年8月31日

初期から数えて7代目まで継承されたサンパチは、息の長い人気車種だった。モデルチェンジごとにパーツもマイナーチェンジされるが、そうなってくると、旧車乗りがやることといえば……
[adrotate banner="5"]
ホークといえば、前期型も後期型も250も400もフレームやエンジンマウントの構造が同じバイク。それゆえ、様々なパーツを換装させることができるバイクとしても知られている。

だが、なかなかどうして、スズキにも長きにわたって愛されたマシンがある。「SUZUKI・GT380」、通称サンパチだ。

初代から7代目まで、マイナーチェンジで様々なアイテムを誕生させてきた。




分かりやすいところでいえばフロントフォークやエンジン。細かなところではフェンダーブレースや給油口のデザインにいたるまで、ファンの間では「どのパーツはどの世代のものがいい!」といった会話が交わされ、それを実践するマニアも少なくない。




こちらのサンパチも、そんな“サンパチ愛”に溢れた1台。遠めから見たらサンパチ純正に見えるが、ラメフレークを用いてリペイントしたもの。




フロントフォークはフォークブーツがついた初期型を装着。当時もののセブンスターキャストが足回りに重厚感を加えている。




ヘッドライトはマーシャルのフォグ。ヘッドライトステーはサンパチらしさの象徴的パーツのひとつだ。




マフラーはスガヤロング管の当時物。ウェザリングで変色させたわけではなく、経年変化でこの状態に。サンパチファンとしての歴の長さを物語っている。




▼こだわりの旧車會バイクをチェック!
【CB400Four】プロが本気を出して仕上げたヨンフォアが抜群にカッコいい

【激渋】関東のイベントで無双を誇ったコール軍団がGSを仕上げるとこうなる!

【目立ち度100点】ド派手で金ピカなCBX400Fの魅力に迫る!まさに豪華絢爛な1台だ!!

【【希少車】昭和族車の香りが漂うGX400!あえて純正色を強めつつ個性を出したセンス良い一台【ジーペケ】

【前代未聞】動物の”アノ柄”を採用したバブ(HAWK2)に遭遇!細かいパーツのこだわりも見逃せない

▼GT380の動画をチェック!

執筆者:i-Q JAPAN編集部

-バイク一覧, SUZUKI GSX&GT, 単車&暴走族関連記事
-, , , , , ,

Translate »

© 2022 i-Q JAPAN