旧車やその文化について独自の視点から情報発信するWEB MAGAZINE i-Q JAPAN(JAPANESE OLD BIKERS WEB MAGAZINE)

【旧極】コースを巡る単車をキャッチ!!スズキ編がスタート!!人気のGSを大公開!!【Episode.5】

2018/11/29

COLUMN

単車&暴走族関連記事

前回に引き続き、コースを彩った秀麗なGSのページをピックアップしました!! ぜひご覧ください!!

他人とはちょっと変わったファイヤーパターンが印象的。ダブルディスク、ハス切りマフラー、ツートンの三段シートもGSらしい。




黄色のフレームがナイス!!ラメラメ外装には紫×ピンクのE2ラインが光る。だいぶシャコタンになっております!




BEETのキャストホイール、ダブルディスク(風)、アップハンにハス切りマフラー、ウエダのスイングアームにマルゾッキサスと、GS改造のフルコース! タンクはE2!




ラメ外装にキャディーレッド&白のファイヤーパターン。あえて単色にしているのがオシャレ!




なにはともあれバケサンが圧倒的に目立つ!! YSPにも似た、爽やかなカラーリングもまた個性的!!




富士日章のタンクにアップハン、ハス切りマフラーにマルゾッキサスのGS400L。ポイントカバーに足をかけているのもカッコいい!!




街乗りもできそうな、シンプルながらもツボを押さえた改造が魅力。スポークホイールも黒のヘッドライトケースもタックロールのシートもカッコいい。




Eラインの内側にコカ・コーラ外装は光りの角度で見え方が変わる、ガレージエイトの自信作。黒エンジンもグッときます!!




セブンスターキャストにダブルディスク、アップハンのL。フレームやエンジンの一部の赤が差し色に!




キャンディーレッド&黄色のE2ラインが美しい。あえてのシングルディスクにセブンスターキャスト、ウイング管というGSらしい改造。メッキの具合も美しい










まだまだあるぞ!
次回の【旧極】ルポもお楽しみに!


▼『旧極 Episode.5』バックナンバーはコチラ!
【旧極】”進化を止めない旧車會イベント”は今年も動員数をアップで大盛況【Episode.5】

【旧極】全国&海外からも旧車乗りが参戦!当日の模様をがっつりお届け!!【Episode.5】

【旧極】マジでヤバい!!今年のコール大会は新たな歴史の扉を開いたかも……【Episode.5】

【旧極】今年もハイレベルな単車が揃う!!ドレコン特集part1【Episode.5】

【旧極】名車誕生の瞬間に立ち会う喜び!!ドレコン特集part2【Episode.5】

【旧極】こちらでもやります!!イェイな笑顔の単車乗り特集part1【Episode.5】

【旧極】励みになります!!イェイな笑顔の単車乗り特集part2【Episode.5】

【旧極】コンテストは無くたって!華麗なウイリー&More【Episode.5】

【旧極】単車は走ってこそ!? 中山サーキットを彩った名車たち。初回はCBXだ!!【Episode.5】

【旧極】サーキットイベントなら主役は単車!! コースを彩ったCBX、それもニケツの車両をピックアップ!!【Episode.5】

【旧極】やり込み派もシンプル派も!!どちらも元気なCBXをピックアップの第3弾!!【Episode.5】

【旧極】CBXピックアップの第5弾!! 今回も目立ち度満点の単車が勢揃いしたぞ!!【Episode.5】

【旧極】CBXピックアップの第6弾!! 今回もオリジナリティを重視した魅力的なマシンが登場!!【Episode.5】

【旧極】撮影全台出し切り!?CBX編も遂にラストの第7弾!! 最後まで要注目のマシンが登場!!【Episode.5】

【旧極】ホンダのマシンはまだまだ続く!! CBXの後継・CBRを特集します!!【Episode.5】

【旧極】コース爆走単車ピックアップ!! ホンダCBR編は第2弾を公開!!【Episode.5】

【旧極】ホンダCBR編の第3弾は風防を装着した単車限定!!【Episode.5】

【旧極】ホンダCBR編の第4弾!!超個性的な外装の単車を集めてみた!!【Episode.5】

【旧極】ホンダCBR編の第5弾はカウル装着車両オンリー!!【Episode.5】

【旧極】ホンダの単車はCBX・CBRと来たらお次はコチラ!!バブ編始動!!【Episode.5】

【旧極】サーキット走行単車ピックアップはホーク系の単車ばかり!!しかもカウル装着車限定!!【Episode.5】

【旧極】”ザ・不良の単車”バブのイメージにピッタリ!?な風防装着車特集part1!!【Episode.5】





▼ツイッターで半自動的に300万稼ぐ方法





執筆者:i-Q JAPAN編集部

TOP